電気あんか

電気あんか-Recommended Goods-

今Amazonで売れている人気の「電気あんか」はこの10個です。

山善 平型電気あんか YDK-607HD

◆平形あんか◆寒い冬の夜の必需品 / ■ 仕 様 ■消費電力:60W寸法:幅230×奥行160×高さ50mm材質:ポリエステル100% /

パナソニック 電気あんか ソフト(大形) 格子柄 DW-78P-H

■ちょっと大きめソフトタイプ■便利なコントローラー付き■抗菌防臭加工■寸法:幅39×奥行29×高さ3cm■材質:本体:ウレタンフォーム 、表布:ポリエステル

コイズミ 平形電気あんか KHA-0663

●【備考】●まとめ買いの場合、システムの仕様で個数分の送料が加算される場合がありますが、送料は1配送先につき1個分の金額となります。●システムの仕様で配達日を指定出来る場合がありますが、配達日の指定は出来ませんのでご了承ください。●ご注文確定後のキャンセルならびに、お届けしました商品のお客様都合による「返品 交換」は行っておりません。

広電(KODEN) 平型電気あんか VAH-6A-5

●ダイヤル式温度調節付●ポリエステル100%●消費電力:60W●電気代:約0.15円/時●サイズ:D16×W23×H5cm

LIFEJOY やわらかい 電気あんか ゆたんか君 電気湯たんぽ 26×32×3cm ピンク AF151

■ゆたんぽよりも手軽で安全!しかも経済的。
布団の中で足元を温める機器としては「ゆたんぽ」と「電気あんか」が代表的ですが、
LIFEJOYは「電気あんか」をおすすめします。

1.ゆたんぽよりも手軽で安全
ゆたんぽは温めたお湯をゆたんぽに移し替えなければなりませんが、
時間もかかるし面倒くさいという声をよく耳にします。
お湯を移し替える際に火傷をしてしまった経験のある方もいるでしょう。
電気あんかはお湯を使わないのでとても手軽ですし安全です。

2.ゆたんぽよりも経済的
ゆたんぽと電気あんかではどちらが経済的なのでしょうか?
標準的なサイズの1.8リットル入るゆたんぽの場合、
15℃の水を100℃まで加熱するのに単純計算で電気代が約4.8円かかります。

それに対して、この電気あんかの場合は8時間使ったとしても0.8円しかかかりません。
※電気代:1kWhあたり27円で計算

しかも、ゆたんぽの場合は途中でぬるくなってしまいますが、
電気あんかの場合はずっと一定の温かさを持続してくれます。
また、水道代が全くかからないので、節約にはもってこいです。

■就寝中、布団の中で使える!
ゆたんぽは、就寝前に布団を温めるのに使用し、
布団が温まったら布団から出して就寝しなければいけませんが※
電気あんかは就寝時も布団の中に入れて使えます。
ですから、朝まで温かさが持続します。

※SGマークが付されたお湯を入れて使用するタイプのゆたんぽには、
「就寝時に布団から出して使用する」などの注意事項等が表示されています。
※低温やけどを避けるため、足から離してお使いください。

■平らでやわらか素材のソフトタイプ
このあんかは、平たい形のやわらかい素材で出来ているのが特徴です。
そのため、万が一寝ているときにあんかを蹴り飛ばしてしまっても、
柔らかいので痛くありません。

    ■仕様
  • 商品サイズ: 縦 26cm × 横 32cm × 厚さ 3cm
  • 商品重量:0.3kg
  • 定格電圧:100V
  • 定格消費電力:15W (50/60Hz)
  • 消費電力(1時間あたり):4 W (50/60Hz)
  • 電気代(1時間あたり):0.1円 (50/60Hz 1kWh=27円)
  • 表面温度:50℃
  • 生地:ポリエステル100%
  • 電源コード長:2m
  • 付属品:取扱説明書


    Amazonより
  • 足元が冷えて寝られない方におすすめ
  • 柔らかいから蹴飛ばしても痛くない
  • コンセントにさすだけで自動的に温度を保つ
  • 布団の中でお使いください。
  • 安全性を一番に考えた設計
  • Sマーク取得
  • メーカー1年保証(Amazonの注文番号を保証書にご記入ください)

山善 大判ソフト電気あんか YSK-271BD

●消費電力:27W●コード長さ:2m●1時間あたりの電気代の目安:約0.15円●表面温度:約50度●※15年変更点 色:ピンク→ブラウン

YAMAZEN 平型電気あんか Y607H

YAMAZEN 平型電気あんか Y607H 昔ながらのスタンダードスタイル 足元ぬくぬく、おやすみの寒さ対策にぜひ サイズ(幅x奥行x高さ):160×230×50mm 重量:0.55kg 発熱体 マイカ式  表面素材 ポリエステル100% 電源コード 約2m 定格AC100V 60W サーモスタット式 温度調節は強中弱の3段階に切替 表面温度 強約50℃ 中約45℃ 弱約30℃ 電気料金 強 約12銭/時間 中 約7銭/時間 弱 約1銭/時間

LIFEJOY コンパクト 電気あんか 山形 ゆたんか君 電気湯たんぽ 温度調節可 足が蒸れにくい 22×24.5×8cm ピンク AY601

■ゆたんぽよりも手軽で安全!しかも経済的。
布団の中で足元を温める機器としては「ゆたんぽ」と「電気あんか」が代表的ですが、
LIFEJOYは「電気あんか」をおすすめします。

1.ゆたんぽよりも手軽で安全
ゆたんぽは温めたお湯をゆたんぽに移し替えなければなりませんが、
時間もかかるし面倒くさいという声をよく耳にします。
お湯を移し替える際に火傷をしてしまった経験のある方もいるでしょう。
電気あんかはお湯を使わないのでとても手軽ですし安全です。

2.ゆたんぽよりも経済的
ゆたんぽと電気あんかではどちらが経済的なのでしょうか?
標準的なサイズの1.8リットル入るゆたんぽの場合、
15℃の水を100℃まで加熱するのに単純計算で電気代が約4.8円かかります。

それに対して、この電気あんかの場合は「強」で8時間使ったとしても1.84円しかかかりません。
※電気代:1kWhあたり27円で計算

しかも、ゆたんぽの場合は途中でぬるくなってしまいますが、
電気あんかの場合はずっと一定の温かさを持続してくれます。
また、水道代が全くかからないので、節約にはもってこいです。

■就寝中、布団の中で使える!
ゆたんぽは、就寝前に布団を温めるのに使用し、
布団が温まったら布団から出して就寝しなければいけませんが※
電気あんかは就寝時も布団の中に入れて使えます。
ですから、朝まで温かさが持続します。

※SGマークが付されたお湯を入れて使用するタイプのゆたんぽには、
「就寝時に布団から出して使用する」などの注意事項等が表示されています。
※低温やけどを避けるため、足から離してお使いください。

■布団とのすき間を確保してむれにくい
この電気あんかは、他の電気あんかよりも高さがあるのが特徴的です。
そのため、掛け布団が持ち上げられて足と布団の間に隙間ができます。
だから、普通のあんかよりも通気性がよく、熱がこもりにくいので
寝汗で蒸れにくいです。
寝汗をかきやすい方にぜひおすすめしたい商品です。

■細かく温度調節ができる
この電気あんかはダイヤルで『弱・中・強』と温度調節ができます。
また、『弱・中・強』の三段階のみの設定ではなく、
弱から中の間、中から強の間と細かい温度設定が可能です。
お好みの温度に設定してお使いいただけます。

    ■仕様
  • 商品サイズ: 縦 22cm × 横 24.5cm × 厚さ 8cm
  • 商品重量:0.98kg
  • 定格電圧:100V
  • 定格消費電力:60W (50/60Hz)
  • 消費電力(1時間あたり):弱 0.9W / 中 4.1W / 強 8.6W (50/60Hz)
  • 電気代(1時間あたり):弱 0.02円 / 中 0.11円 / 強 0.23円 (50/60Hz 1kWh=27円)
  • 表面温度:弱 30℃ / 中 45℃ / 強 60℃
  • 生地:ポリエステル100%
  • 電源コード長:2m
  • 付属品:取扱説明書

過去のユーザー投稿はこちら

コレクト最新投稿-Colleqto Latest Post-

[ GuitarColleqto ] [ HobbyColleqto ] [ 育児これくと ] [ BicycleColleqto ] [ CarColleqto ] [ BikeColleqto ] [ ペットコレクト ] [ Men'sColleqto ]

©colleqto.com

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「kaden.colleqto.com」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。